プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CFDの為替リスク 

    CFDの為替リスクについてですが、仙四郎さんにコメントいただいて再度調べ直しました。

    なんと・・・どうも削除した前の記事で合っていたようです^^;

    今日の通勤時間にケータイで調べていたら、某サイトに違うことが書いてあったのでブログ記事を訂正したのですが、そのサイトが間違いだったみたいです。しっかり調べないといけませんね。。。

    仙四郎さんに以下のコメントをいただきました。

    正確には、オープンした時のレートがからみますね。
    10000ドルをロング下時のレートが85円なら、
    10500ドルで80円のレートなら赤字ですね^^;


    よく似た例が某サイトにあったので、こっそり貼っておきます^^;

    CFDの場合、外貨建て(特に米ドル建て)の商品が多いのも特徴です。
    この場合、価格変動リスクに加え、為替変動リスクを考慮に入れる必要があります。
    ちょっと簡単な例をもって説明しましょう。
    (例)・US30CFDを価格10,000ドルで約定。このときの為替レートは85円
         10,000ドル×85円=850,000円
       ・US30CFDの価格が10,100ドルとなったので決済。
        このときの為替レートは80円
         10,100ドル×80円=808,000円
       ・損益=808,000円-850,000円=-42,000円
    この例だと、CFDの価格では100ドル上昇しているにもかかわらず、円高になっているため、結局42,000の損失となってしまいました。
    このように、外貨建て商品の場合、価格が上昇しても、為替変動の結果、損失が発生する場合があるので注意が必要です。



    私の(勝手に)師匠は、CFDは最初はデモ口座を勧めていました。理由は確かFXよりボラが高く、FXから来た人はいきなりやると怖くなるから、だったと思います。CFDはポン円かっっっ!!!

    デモって大嫌いなのですが、大事な損益の計算方法も分かっていないし今回は必要かもしれません。


    最後に、削除した記事の一部をなんとか思い出してまとめて終わりにしたいと思います。私がCFDで興味のある銘柄は、ダウ、米国金利、NY金、NY原油、上海株。業者によっては一部商品は円建てのところもあるようですが、だいたいの業者は上海株を除きドル建てになります。

    FXだけでも相当苦労しているのに、価格変動リスクのほかに為替リスクを二重に負うのは相当疲れそう・・・。

    そして二重に負けそう・・・。

    というわけで、とりあえず来年はオール円建てのくりっく株で様子見となりそうです(--;)
    スポンサーサイト

    CFDの損益計算 

    来年より開始予定のCFD。ほとんど調べておらず、先日間違いを書いたので訂正します。

    CFDは外貨建て商品の場合為替リスクが伴いますが、FXと同様に差金決済なので損益の計算方法はユーロドルなどと同じ(のはず)。

    FXと同じならば、ダウ指数を$10,000でロングして$10,500で決済し、決済時のドル円レートが80円とすると損益は、
    (10,500-10,000)×80円 となるハズ・・・。

    間違っていたらご教授下さいm(_ _)m

    CFDの本 

    先週スタートした「くりっく株365」ですが、先週月曜の時点で口座数がまだ700くらいなのだとか。その内の一人は私です(笑)。入金もログインもしていないけど(^_^;)

    CFDの本を1冊買ってみました。あとは読む時間をなんとか確保しないと。正月前後かも・・・。

    アマゾンで買ったのですが、今回は大丈夫だったけど、前に買った本はかなりタバコ臭かった。新品ですよ。どんな倉庫なんだろう??

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。