プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012年以降のFX税制 

    (2012年以降のFX税制については、6/24に新たに更新致しました)
     http://readeal1.blog54.fc2.com/blog-entry-463.html


    ------------------------

     マット今井氏のブログ(12/16)に、FX税制について記載がありました。一部勝手に転記します(^^;)

    ------------------------

     ところで、皆様に一つお知らせしたいことがあります。政府が16日開いた臨時閣議で、2011年度税制改正大綱が決定したのですが、そこでFXの税制について載りました。以下、一部引用です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     現在、店頭金融デリバティブ取引に係る所得については、総合課税としていますが、金融商品間の課税の中立性を高める観点から、市場金融デリバティブ取引に係る所得と同様に、20%申告分離課税とした上で、両者の通算及び損失額の3年間の繰越控除を可能とします。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     ここではここまで辿りつけたのは、皆様の応援のお陰です。本当にありがとうございました。また何かしらありましたらお伝えします。


    ------------------------

     一応記事のリンクをはっておきます。
     http://matt.livedoor.biz/archives/51108598.html

     個人的にこの決定は大変うれしいです。総合課税や損益通算の点で店頭相対(あいたい)取引(OTC)を結構控えてきましたが、これでOTCに力がはいるというものです。CFDもくりっく株の他にもう一つ口座作ろうっと。CFDも・・・ですよね? よく調べないと。。。


    【追記 12/21】

     くるりさん ところで上記が2012年以降ということがわかりました。

     よく調べると、国会を通過しなければならず、このねじれ国会の中、法案が通らない可能性もあり得ます。

     早とちりでOTCの口座に全資金を移すところでした・・・・。ダメだこりゃ・・・。

    第147回短観 

     日銀より12月の短観が公表されました。正式には第147回全国企業短期経済観測調査というらしい。

     相場から約1ヶ月退場しており更新ネタもないので、短観のうち製造業の時系列グラフでも貼っておきます。前回(9月)より若干悪化したようです。



    豪ドル円のレジスタンスとサポート 

     以前、何かの本で80:20の法則(だったかな?)を読んだことがあります。

     80:20の法則といえば、一般的にはパレートの法則だと思いますが、今日書きたいのはパレートの法則とは別の法則です。まあ某著者の経験則なのだと思います。

     確か、レジスタンスやサポートが76.80とか94.20とか、##.80や##.20付近に発生しやすいというものです。損切りラインを決定するときに多少この経験則も考慮してきたのですが、どうも上手くいかないのでちょっと調べてみました。

     通貨は刻み売買対象の豪ドル円を選びました。
     期間は2005.04-2010.12ですが、全期間のほか、円キャリートレード末期、リーマンショック時、最近の回復期にも分けてみました。

     そして分析方法ですが、
    ・まず、各1日の高値と安値のうち、小数点以下のみを抽出します(80.45なら0.45というように)。
    ・そして0.1刻みでデータを振り分けます(0.45なら0.5の区間に、0.73なら0.8の区間に、というように)。
    ・最後に各区間の割合と順位をつけます。

     以下の表が得られました。黄色は上位2位、青色は下位2位を表しています。見にくいですが・・・。

    resistance&support

     分かったことは、多少の傾向はあるものの法則と言える様な結果ではありませんでした。もしかしたら他通貨ならそんな傾向がでるのかもしれませんが、少なくとも豪ドル円ではそんな感じはないようです。とはいえ、レジスタンスは##.21-##.49、サポートは##.41-49や##.71-79あたりに多少ですが出易いことも分かりました。信頼性は相当低いですが・・・。

     あと、あくまでも日足での話なので、トレンドは全く考慮されていません。おそらく相当欠点のような気がします。今度時間があったらトレンドをある程度考慮したもので再検討したいと思います。あ、いま思えば週足のほうが良かったのかも??

    メジャーSQ 

     今週末は「メジャーSQ」なるものがあるらしい・・・。どこかで言っていました。

     私は知らなかったのですが、皆さんはご存知でしょうか?? 株の話なのかな??


     野村證券のサイトでは以下のように説明されていました。 

     SQ(Special Quotation) : 「特別清算指数」 

    『株式先物取引や株価指数オプション取引の最終決済を行うための価格(=清算指数)のことをいう。満期日前に反対売買による決済を行わない時の、清算価格として使用される。

     機関投資家を始めとする投資家は、株価指数先物取引、株価指数オプション取引と現物取引を同時におこない、割安になっている方を買い、割高になっている方を売ることによる価格差で利益を得る取引をおこなう(=裁定取引)。これは、期限満了になると、株価指数先物取引、株価指数オプション取引が清算指数で清算されるという「SQ」の仕組みを利用している。』



     うーん。。。深夜には理解できない文章だ・・・。

     いろんなサイトを訪問してみました。自分なりにまとめると、

    【SQとは】
     「オプション・先物の清算指数」のことをいうようです。

    【いつがSQ?】
     毎月第2金曜日(オプション清算日)。休日の場合はその前日。

    【SQとメジャーSQの違い】
     オプションの清算日は毎月、そして先物の清算日は3・6・9・12月で、オプションと先物が重なる3・6・9・12月がメジャーSQ、それ以外はフツーのSQ。

    【SQ日に何が起こるのか】
     寄り付きでの売買が多くなり、またその日の出来高が多くなる。先物もオプションも全てSQ日の朝寄り付きで清算は終わる。最近は少ないらしいが、SQ日の寄りは大きく下げその後反発する事がある。

    【何故メジャーSQ前に売りが出やすいのか?】
     例えば、日経平均「先物」と日経平均「現物」の違いとして金利が挙げられ、通常、先物には金利分がプラスされるので現物より少し高いのが普通であるが、最終的にSQの日にこの2つが同値になる。

     この先物と現物の差益を取る手法がある。効率は良くないが100%に近い確率で儲かる方法のようで、高い先物を売って同時に安い現物を買うということを行い、これを「裁定取引」という模様。

     清算日のSQに現物の売りが自動的に出される。SQ前にも利益確定の反対売買がおこなわれ、先物の買戻しと現物の売りが出る。このときに出る現物の売りが、市場でSQ前に売りが出やすく出来高が多くなる要因。

     そこにオプションを絡めると・・・・コール!?、プット!?、プレミアム!?・・・・。うーん、知識が無いし、深夜には理解できそうにないので、時間があれば改めてまとめることにします(--;) まあ、オプションの清算も絡んでくると出来高は多くなるんでしょうね(^^;)

     SQ前になると、先物を売って現物を買った人の利益確定のための現物売りが出やすくなり、また相場環境に関係なく現物の売りが出る事から買いを手控える人も多くなり、下げ要因となる。

     オプションにおいてもSQ直前が動きやすい事と少しでも利益を多くしたい、損失を少なくしたい事から仕掛け的な先物の売り買いが出やすくなる。よってSQ前は株価が乱高下しやすくなる。

    【対処方法】
     現物株の売りが出やすいSQ日の寄り付きや前日理由も無く下げている時、それは相場が悪いと考えるより清算または利益確定のため自動売買だと思った方がよい模様。一週間前くらいからSQに関係のある日経平均銘柄やTOPIX銘柄を避ける人が多いらしい。


     うーん。分かったような、分からんような・・・。とにかくメジャーSQは今月は9日(金)ってことだけは間違ってなさそうです(--;)

    豪ドル円の値幅 

     こんにちは。仕事もある程度落ち着きました。またよろしくお願いします^^

     刻み売買をするにつれて、豪ドル円って1日何円ぐらい動くのだろうと思い、ちょっとグラフ化してみました。

    one day

     ここでは、 1日の高値-1日の安値=1日の値幅  として、エクセルの分析ツールを使ってみました。1日の動きを3円以内と仮定してグラフ化しています。

     例えば右下の2010年を見ると、1日平均1.43円動いていますが、ヒストグラムを見ると左右対称ではなくやや左よりなので、ここでは中央値を重視します。1日1.2円程度動くことが多かったということで、グラフもそんな感じです。

     2008年はリーマンショックがあったため、1日3円以上動いた日が多かったことを示しています。最大値をみると1日に11円動いたなどが分かります。

     また違う角度からこの通貨を眺めたいと思っていますので、何か得る事ができたらアップしたいと思います。まあ大したことは発見できそうにありませんが・・・。

     メタトレーダーを使いこなせたら、数ある個人的疑問がすぐに解決しそうな気がするのですが、なかなかか勉強にまで手が回りません。EAの勉強も途中で止まっているので、この辺からリスタートしたいところなのですが・・・(^^;)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。