プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    6/21のつぶやき 

    今夜か明日早朝かは知らないけど、ギリシャの信任投票までアホらしいので寝ます。

    ギリシャは借りた金を返せるのか?、いや返す気あるのか?

    おやすみなさい(@ ̄ρ ̄@)..zzzZZ

    続きを読む

    6/19のつぶやき 

    USDCHFのチャートを見たら今週とは言えないがこの先ドルは面白そう。
    別にUSDCHFをメインに取引するわけじゃないけど。

    でもドルインデックスを見るとその思いを不安に変える・・・。
    あとQE3も。

    どちらにしても勝負処かな。
    勝負かけてみるか。
    欧米人のように夏休み欲しいし。

    人民元取引 

     来年の税制改正(決まってましたっけ??)により、税制優遇のメリットがなくなる「くりっく365」。起死回生の一手なのか新しい通貨を上場させるらしいです。

     3通貨ありますが、個人的に目に止まったのが CNYJPY(人民元/円)。いまのところ人民元を取り扱っているのはSBI証券1社らしく、今後注目されるかもしれません。

     でもどうせならUSDCNY(米ドル/人民元)のほうが良かったです。日本人はクロス円がお好きですが、私はクロス円は嫌い。取引も対ドルのほうが絶対やり易いと思うのに・・・。

     人民元をよく知らないので想像になりますが、中国と日本の金利差に着目して、元買い円売りスワップポジばかりになるのでは。あとファンダメンタルズに着目して、とりあえず中国買いの方もいるでしょう。

     ただ、人民元は流動性が無い。流動性のない商品をロングしていて市場がクラッシュしたら、待っているのは膨大な損失。

     FXは他の金融商品に比べかなり流動性が高いですが、個人的にはリーマンショックのようなクラッシュ時でも流動性を保っていたメジャーカレンシーを中心に選ぶべきと思います。

     
     でも・・・いまだログインすらしていないCFD口座を開設したのも、中国バブルが崩壊して市場がクラッシュしたときに中国株を買うため。その時、人民元も買えるなら買いたいところです。

     

    ボラティリティ 

     たまにはFXブログらしい記事でも。

     ちょっと前の話ですが、6/9午前、とある二人の会話を盗み聞きΨ(`∀´)Ψ
     (先に言っておきますが、勝手に聞こえたが正解であります。)

    【登場人物】
     Aさん:株取引十余年、FXデビューほやほやの他社社長さん。
     上司:同じく株取引十余年、FX歴おそらく数ヶ月。株で儲かったという噂は聞かない・・・。


     A「株、最近ほんま動きまへんな~。それより最近、為替を始めましてん。よう動くんでいいですわ~。」

     上司「ドル円80円切りましたよ。こりゃ70円台定着しそうですね。」

     A「それより豪ドル買いましてん。84円台を待っとったんですわ。」

     上司「オーストラリアはまもなく雇用統計ですよ。アメリカの雇用統計悪かったし、よう買いませんわ。」

     A「それぐらいリスク取らな。豪ドルは今が買いでっせ。」

     上司「買いでっせって・・・アメリカの景気がやばいですよ。」

     A「目先はなんとか持たせますやろ。」

     
     その後、株の話に移ったので省略。興味深い話は続く・・・。


     これだけの会話でも気になるポイントがいくつかあると思います。もちろん取り方は人それぞれですし、私が気付いていない点もあるかと思います。私が気になったのは、

     1.現物をやっているせいか目線が買いのみ
     2.豪ドルのレベル感での買い
     3.為替はよく動く
    (番外.社長の楽観目線と上司の悲観目線)

     1と2は特に述べても仕方ないので割愛しますが、3は本当??

     ここでヒストリカル・ボラティリティ(Historical Volatility:HV)を使って見てみます。

     まずボラティリティ(Volatility)はご存知と思いますが、原資産価格の変動(ブレ)の平均値で、通称「ボラ」。魚ではありません・・・ツルッ(←最近寅さんの影響をかなり受けております・・・)
     
     HVは日本語にすると歴史的変動率となり、実際の原資産価格の変化率の平均値として計算されるもので、統計学の標準偏差(σ-シグマ)にあたります。HVは・・・やっぱスベりすぎるのでや~めた。

     さて、あとは勝手に図を見て下さい。書くのが疲れました。結論だけいうとFXはボラそんなに高くないっしょ? よく動くように思えるのはレバの掛け方のせいじゃないかな。


     (実は昨日の記事と平行して書いていまして、昨日はユーロがよく動いたので、この記事の更新を見送る必要があるか心配になりました。。。今朝、NYクローズ後に確認したところ、ダウのHVは14.65、ユーロドルはあれだけ動いても13.10・・・。ふ~。まあ今まで動かなかったからなぁ・・・。別に逆転してもよいのだけれども。。。ちなみに円ドルは7.32でした。)



    【日経225】
    nikkei225HV.gif


    【ダウ】
    DJHV.gif


    【円ドル】(ドル円じゃないけど、ボラは一緒でしょう・・・たぶん)
    jpyusdHV.gif


    【ユーロドル】
    eurusdHV.gif


    【オージードル】
    audusdHV.gif

    下鴨神社 

     今日は一日外回りだったのですが、サボリーマンの私は今日はどうサボろうか考えた末、通りがけにある下鴨神社に行ってみることにしました。

     下鴨神社・・・知ってはりますでしょうか?
     
     世界遺産に指定されております。京都育ちの私が今までに何回訪れたかというと・・・実は今日が初めてです。

     京都には世界遺産が17あるそうですが、今まで京都観光しようという気も起こらず、子供のときに遠足で行った程度で記憶の薄いものも多く、うち5つは行ったことありません。車では前を何度も通るのですが。

     金閣寺・・・行ったことある・・・はず。
     銀閣寺・・・行ったことない。
     銅閣寺・・・行ったことない。
     鉄閣寺・・・相当スベっているんでしょうね。まあ滑り技は会長にはかないませんが^^;

     仁和寺・・・世界遺産ということを今日知りました。記憶にあるのは、子供のときに野球をしにこっそり忍び込んで警備員と鬼ごっこを何度もしたことぐらい。

     さて、下鴨神社、正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といいます。

    【鳥居】
    torii.jpg


    【能舞台(手前)と本殿(奥)】
    butai.jpg


    【本殿への門】
    honden.jpg

     本殿ではしっかりFX必勝祈願をしてきました(^^)v

     また本殿の左右に干支の社があり、各干支ごとにお参りできるようになっています。私の干支は・・・東南アジアの寅年の方に食べられるような干支なので、弱みを見せないためにもここは秘密^^;;


    【さざれ石】
    sazare.jpg

     君が代の歌詞にもあるさざれ石のことらしい。時間がなかったので詳しく読まなかった。


    【糺の森】
    tadasu.jpg


     下鴨神社の南側にある原生林で、およそ12.4万m2(東京ドームの約3倍)とのこと。ここで問題。「糺の森」はなんと読むでしょうか??京都検定にも出そう^^

     1.ただしのもり
     2.ただすのもり
     3.はらぐろのもり

     正解は・・・3番!・・・な訳ないです。答えは京都検定3級の本でも買ってみて下さい^^ あと、糺の森にある御手洗池(みたらしのいけ)が、みたらし団子発祥の地でもあります。あ、「トイレが発祥の地でしたか」の類いのコメは禁止ワードにしておこう。

     梅雨時なのに今日はいい天気で、普段の邪悪な腹黒い心が洗われた素晴らしいパワースポットでした^^

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。