プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    テクニカルな話 

     最初に、私のトレードスタイルはスイングで順張りです。ですのでデイトレの方にはおそらく向かないテクニカルな話だということをご承知おき下さい。

     なんて言ってみたけど、私自身、他人のテクニカル分析の記事なんて読まないから、これを読む人なんていないだろな~w

     なのでやめよ~とも思ったけど、新年早々計画倒れするのもなんなので、書いてみることにしました。


     みんながどんなテクニカル分析をしているのかは知らないけど(知ってるのはBBJさんくらい)、私はライン重視。8割方これで決めており、正直な話これだけでも勝てます。あとは、利をどこまで伸ばせるかが大事になってくる。結局のところ為替って我慢なんだよね~。

     あ、そうだった。利を伸ばすのと同じくらい大事なことがあって、損切りの徹底は当たり前田ですね。たま~にアゲインストポジをスイングなさる方がおられるけど、これって精神的に悪くね?? 戦略なら別にいいんだけど。もしやMなんかな?


    eurusd20120107daily.gif


     上はユーロドル日足です。私が何を考えているかはチャートを見れば分かる人は分かるし、また説明も面倒だし、記事も長くなったし書きません。でも、このまま終わっても面白くないので、1つだけ役立つテクニカルな話を書いて終わりたいと思います。

     去年、ユーロドルでリバーサルが発生していました。8/30付近と10/25付近の価格とRSI の位置を見ると、10/25の価格は8/30より低いのに、RSI は逆転して高いっしょ。これがリバーサルのサイン。この時、かなりの確率でトレンドは元通りに戻ります。この場合だとユーロドル下落ですね。

     RSI ではトレンド転換のサインとしてダイバージェンスが有名だけど、これはあんまり当てになりません。いつかは転換するのだけど、すぐに来ないことが多い。逆にリバーサルはだいたいすぐに来る。なのでリバーサル大先生には いつもお世話になりたいのだけど、あんまりお目にかかれないのが玉に瑕。だから見たらイヒヒ~とほくそ笑んで勝負をかけます^^


     すごくためになるテクニカルな話でした。自画自賛。でも慣れないことしてドッと疲れたので、次回からはみなさんお待ちかねのテクニギャグな話に決まり~ww


    【1/8追記】
     ユーロドル週足チャートを追加しました。

    eurusd20120107weekly.gif


    目覚め 

     さ~て、ぼちぼち始動すっかな。

     ところで、目覚める私にピッタリの曲がある。

     ハチャメチャヤン(だったかな??)作曲の「歯医者の目覚めと踊り」(だったかな??)。

     たぶんバスクラだと思うけどコレが低音で不気味さを演出し、それにピッコロが乗っかる。昔、ピッコロのパートを演奏してみたことあるけど、とても気持ちよかった記憶がある。

     でも、好きなのは最初の1分20秒だけ。あとはど~でもいい。





     この曲に賛同してくれそうなブロ友が見当たらない・・・。お情けで関東の方お一人が賛同してくれるかも(プレッシャーをかけておきましたw)。


     さて、今年のブログはどんな感じにしよっかな~と思い、元旦に年間計画を立ててみた。


         1月 テクニカルな話
         2月 すべらない話
         3月 すべらない話
         4月 すべらない話
         5月 すべらない話
         6月 すべらない話
         7月 とんずら
         8月 とんずら
         9月 ファンダメンタルな話 
        10月 すべらない話
        11月 すべらない話
        12月 すべすべな話


     ふむ、今年も立派なFXブログになりそうだ^^


     最後に私からみなさんへお年玉♪


     一年の計は元旦にあり

     一発の芸は感嘆にあり


     お年玉・・・じゃなかった、落とし駄話♪


    2011年の結果 

     2011年も無事乗り切ることができました。これもひとえに自分のおかげです。

     裁量成績は+36.6%、刻み売買成績は△0.3%でした。

     2010年の裁量は+約33%だったし、また2011年前半はずっとマイナスで推移していたので、さすが自分です。


     刻み売買は、ワザと裏ワザ使ってマイナス確定しました。誰でも思いつくような単純な含み損ポジ決済で調整したのではなく、10月から意図的・計画的に利益操作を行いました。

     参考までに清算価値で見れば+10.3%で、2012年に入って即、含み益を確定させました。

     まあ2010年は+約12%だったので運用成績は悪くなりましたが、9月の急落時に清算価値ベースで△15%超を記録していたことを考えると、さすが自分です。


     なお、私の刻み売買は仙四郎さんオリジナルに少々手を加えていますが、手動トラリピしたい人が増えるとは思えないし、やり方書くのもめんど~なので書きましぇん。ただ手動でやると上記のような「腹黒利益操作」も簡単にできます。


     なぜ刻み口座をマイナスで確定したのか? 

     誰も興味ないのは分かっているけど、理由は以下の2点。


     ①私の裁量口座は申告分離課税、刻み口座は総合課税だったので、去年確定申告が面倒だった。

     ②去年の6月に刻み口座のあったFX会社が潰れてしまい、1~6月分の申告に必要な書類を集めるのが大変そうで、面倒臭いと思った。

     
     理由のウエイトは ② の方が断然大きいです。面倒なことは大大大嫌いなのです。


     まあ今年からは相対(あいたい)取引も申告分離課税になるので、来年の確定申告は少しは楽になりそうですね。
     
     
     ところで馬来の寅さんが、どこかでトラリピの理想は月利5%(これって含み損考慮せずっスか??)と言っていたような記憶がありますが、私は月利にするとたった1%(清算価値ベース)です。

     寅さんから見るとドヘタクソ~nanoでしょうが、個人的にはローリターンな分、ローリスクで運用しているということで、全然OK牧場です。9月の急落時も腹黒資金を豆乳することなく、余裕の野村よっちゃんでした。


     まあ、中・長期的なシステムトレードは年利5~20%が理想的と言われているし、それに投資の世界全体から見たら、純利益での年利10%はハイリターンな部類に入りますけどね。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。