プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Bandの個人的見方 

     テクニカル月間も今日で終わり。テクニカルな話、やっと最終回です。

     最終回と聞くと涙が出てきますね。な~んの反響もなかったのでww


     まず最初に、私のトレードスタイルはスイングで順張りです。ですのでデイトレの方や逆張りの方にはおそらく向かないテクニカルな話だということをご承知おき下さい。

     次に、以下はあくまでも私の使い方ですので、他の方が使われても上手くいくとは限りません。


     最後のテクニカルな話はボリンジャーバンド。

     私は21日を中心として±3σのライン(下記チャートではマゼンダ色とかいう赤紫色のヤツ)しか用いません。一般的には±1σ、±2σを使うと思いますが、順張りにはさほど意味ないと思っています。


     ところで±3σってどんな意味を持っているか分かりますかいな??

     ±3σは99.7%の値動きがこのバンド内に収まることを意味します。すなわち±3σラインを超えるのはたった0.3%、333回に1回しか超えないのです。

     逆張り大好きな方だと、じゃあここで逆張りをすればいいんじゃない??って発想になると思うけど、±3σにタッチするときは強いトレンドが発生していることが多いので、私の場合はここをタッチすると一部利食いのサインとして使用し、少し戻したらポジションを再構築したりします。


     チャートは豪ドル円日足。ここ数日を見てみると、+3σを越えそうで越えてないっしょ^^ そしてここで逆張りすると痛い目に遭うの分かるよね~^^ まあ、今は調整入ったから説得力に欠けるけどww


    audjpy20120131.gif


     さて、次回より自己満足ブログに戻る象!

     FXネタはもう飽きたので、タイトルを「一期FX」から「泡沫FX」にしたい気分です。

     鯛獲る変更、考え中^^


    スポンサーサイト

    ふと思ったこと 

     仕事やレポートの締め切りに追われていて、為替については深く考えてないけど、ちょっと思ったこと。今日はギャグ考えてるヒマありま1000。

     先週の金曜にユーロドルなどでショートを構築したけど、週末にチャート見たら決済サインが出てたので(前回記事のチャート参照。5日線と13日線がクロス。)、月曜朝に清算しとこ~って思ってたら、窓開けスタート。その日の朝のBBJさんへの返信にもちょっと書いたけど、第六感っていうのかイヤ~な感じがして、ショートポジはすぐ決済したけど、さすがにロングは怖いのでしなかった。でも予感通り各通貨とも上にブレイク。

     昨夜ブログ村からランダムにブログ巡りしてみた。なんか・・・ユーロ売りで苦しんでいるブロガーが多い気がする。

     くりっく365の統計データを見ると、いつも円売りばかりのユーロ円がショート転換しちゃってるじゃん! 忙しくなかったら見落とさなかったのに・・・なんて言い訳は通用しない。同じくユーロドルもショートが積み上がっている。IMMなんて過去最高レベル。

     某外国ブローカー発表の保有ポジ動向も見てみたけど、こちらでもユーロ売りで苦しんでいる人が多いみたい。


     ユーロのメイントレンドは下向きで間違いないと思うけど、こんなとき目先はなかなか下がらない。もっとショートポジが切れないと。みんなが苦しんでると見ると欧米のハイエナトレーダー達は狩りに来る。まあ下がり始めたらまたショートするけど、それまでは様子見かロングで遊ぶ。サポート切れるまで売る必要もないし。

     テクニカルは大事だけど、市場心理も大事。みなさんのリスク管理が上手く行きますように。


    SMAの個人的見方 

     仕事やっと一段落ついた~と思ってたら難解な案件を担当することになり、な~んかいいことありません・・・と初っ端からスベっておいてあげましょう。

     以前、馬来の寅さんが私の上司宛に「まだまだ仕事ぶち込めますよ~」なんて呪いのかかったコメをぶち込んでくるからエライことに。裁判案件はやること多いし、むっちゃ気を使うし、べんきょ~せなあかんし、責任重いし、場合によっては裁判に出廷せなあかんし、ほんと大嫌いです。もしこのブログの更新が止まったら、ムショにおつとめに出たとお考えくダサい。


     さて、テクニカルな話。まず最初に、私のトレードスタイルはスイングで順張りです。ですのでデイトレの方や逆張りの方にはおそらく向かないテクニカルな話だということをご承知おき下さい。

     次に、以下はあくまでも私の使い方ですので、他の方が使われても上手くいくとは限りません。

     前回までにラインとRSIを紹介しましたが、その他として私は移動平均線をチャート上に表示させています。しか~し私は変わってるので、みんなが使うような用い方はしません。もちろん逆張りでは使用しません。


     移動平均線は単純(SMA)を使っています。私は単純な人間だから、移動平均線も単純でいいのですw 

     画像はユーロドル日足。


    eurusd20120122.gif
     

     私は短期2本、中期2本、長期2本の計6本を使っています。期間は別にどんな数字を使ってもいいのだけど、とりあえず赤は5、グレーは13、青は21、緑は55、茶(設定は一応ゴールドなんだけど・・・)は89、黄は200で設定しています。

     テキトーに設定したらいいのだけど、黄色の200を除くこの数字( 5、13、21、55、89 )は、しょ~もないこだわりを入れてみました。いったい何の数字だか分かります??

     当てた方には私から、寒い冬にちょ~うれしい!!「 あったか~いギャグ 」をプレゼント!!

     どしどしご応募くださいね♪


     閑話休題、トレンドが発生すると移動平均線は交わらず、特に強いトレンドだと赤、グレー、青、緑、茶、黄と並びます。しかもブルかベアか一目瞭然。逆にトレンドレスだと移動平均線が絡み合います。このときはトレンドフォロワーは様子見っスね。

     図はさっきのを見てね。視覚的にみるとトレンドの有無が分かり易くねえっスか?

     あと、移動平均線ではゴールデンクロスとかデッドクロスとかが有名ですが、私は仕掛けでは使ったことはなく決済で用います。クロスしたらトレンドが一旦終了したとみなしてそこで決済します。クロスしない限りトレンド継続中と考え、欲深く腹黒く利を伸ばすことをたくらみます。


     次回、テクニカルな話、涙の最終回!! 

     何書こっかな~。ローソク足の見方か、パターンやフォーメーションの見方か、ダマシの見方か、順張りでのボリンジャーバンドの見方か、トレンド転換時のチャートの見方か、順張りでのフィボナッチリトレースメントまたはフィボナッチエクスパンションの見方か、個人的なエリオット波動の見方か、サイクルアナリシスの見方か、正義の味方か、家政婦のミタか、何か書きます。


     次書いたらテクニカルな話はもう二度と書きません。こんなの他の方が書かれても私ならぜ~~~ったい読まないし、なにより疲れるし、もちろん反響は無いし。いや・・・「ま~た難しいこと言ってる」って反響はあったかww


     2月からは、自己満足な駄ネタブログに戻す象~^^


    1/16のつぶやき 

     なんか気になる通貨

     USDCHF
     GBPUSD
     EURGBP
     GBPJPY
     AUDUSD
     AUDJPY

     気になるからって取引する通貨とは限らない・・・つーか、

     私の通貨見通しは 痛快か痛悔かは分からんっつーのw

     あとテクニカルな話はまた今度ね♪・・・つーか、

     誰も興味ないっつーのw 


    ちゅーねんのぼやき&テクニカルな話② 

     11月より超多忙の原因となっていたある仕事も、あとは検品そして納品するのみとなり、やっと山場を越えました。とはいっても他の仕事は全く手付かず放ったらかしにしているので、もう暫くは忙しいです。いったいいつになったら終わるっちゅーねん!

     ( 突然ですがここで関西弁講座^^ 「○○っちゅーねん」というのは、たぶん、○○ということです → ○○ってゆ~ことやねん → ○○っちゅーねん、てな感じで変化したと思われ、使い方としては相手に強く訴えたいときや、相手を強めにツッコみたいときに使います。
     例えば・・・A君が「ひ○さんは天然やっちゅーねん!」と相手に強く訴えかけました。するとB君が「それがどないしたっちゅーねん!」と相手をツッコみました。 見事な使い方解説!!みなさん拍手


     仕事で忙しい時など、癒しを求めてよく音楽を聞くけど、最近よく聞いてた曲の中から一つ貼り付けときます。洋楽やクラシックにして、いつも通り不評で文句が出るほうが私的には面白いのだけど、たまには邦楽にでもしときまひょか。


     いきものがかりって最初あんまり好きじゃなかったけど、これは私が評価を転換するきっかけとなった曲。なんかお気に入りやっちゅーねん!!


     あと、今月は21日と28日にある勉強会に参加しなければならず、輪番制で講師をするのですが、私の担当が当初21日だったのが28日に変更となりました。前日の27日は業界の新年会で、しこたま飲むっちゅーねん!! まあ酔いが残ってる方が頭もギャグも冴えるっちゅーもんですがw


     また、難儀なのが別の研究会で3月までに重回帰分析によるレポートを仕上げなければならないこと。重回帰分析なんて忘れたっちゅーねん!!

     20代の頃に重回帰分析を用いた小論文を書いたことがあって、業界紙に載ったことあるけど ( さらっと自慢してみました )、今読んでも自分が書いた文章なのに全く理解できんっちゅーねん!! 若い頃って頭が柔らかかったんスね~。

     ほんま中年ヤメタイっちゅーねん!!


     ・・・いつもなら、この見事なまでのオチで、みなさんに賞賛されて記事は終了なのだけど、今月は計画では「テクニカルな話」月間だから、テクニカルな話を加えておきま笑^^

     前回、RSI を使ったリバーサルを紹介しましたが、今回はその続き。裁量で相場に入るときには、参入前にリスクとリターンを比べる必要がありますが、リバーサルの場合ターゲットをどう計算すればいいのか?


    eurusd20110111.gif


     リバーサルの見方は前回紹介したので省略しますが、上図で一番左の○と三つめの○でリバーサルサインを確認。二つめの○はその間におけるRSIの底です。なお上昇トレンドだと○の位置は逆さまになります。ダブルトップとダブルボトムみたいな。分かるよね?

     そして各○に対応する終値を調べます。

     一つめの○に対応する終値は、8/29の1.45099・・・①
     二つめの○に対応する終値は、10/3の1.31734・・・②
     三つめの○に対応する終値は、10/27の1.41880・・・③

     そしてRSI リバーサルによるターゲットの計算式は以下の通り。

     ③ - ( ① - ② )

     今回は、1.41880 - ( 1.45099 - 1.31734 ) = 1.28515 となります。


     とすると、リバーサルのターゲットはもはや達成したことになります。だからといってこれでトレンドが反転するわけではありません。あくまでも期待値です。そして次のサインを探して相場に入るタイミングを図ることになります。

     11月に保有ポジを公開したことがあったけど、10月末にリバーサルに気付いて、下降フラッグを下抜けたのを確認して、そして雇用統計を待ってエントリーしました。私はハイリターンよりローリスクがモットーなので、こういうエントリーになりました。

     EURUSDのチャートでは、チャネルや移動平均線、ボリンジャーバンド等から明確な下落トレンドを示唆する一方、調整の可能性も示しています。なので自分の予測よりも事後の対応が大事となります。また、値頃感から買いたくなるかもしれませんが、トレンドフォロワーは今の段階で打診買いをすることはあり得ません。トレンドが下だったら次の売り場を探すのみです。

     移動平均線やボリンジャーバンド、RSI は逆張りによく使われますが、次回は順張りでの見方を紹介したいと思います。まあ私のやる気が続いていたらですけどね^^ 背伸び記事は疲れるし、伸ばし過ぎたら腰痛めるっちゅーねん!!


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。