プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ツボにハマったw 

     ドル円が面白そうだったので、たまにはFXブログらしく、チャート分析画像&相場予想を載せようと思い、MT4を立ち上げました。

     すると、画面が出ては止まって、そして消えての繰り返しになって、挙句の果てには・・・

     ・・・・・

     ・・・・・

     実行ファイルが 飛んだw

     0キロバイトになってて大笑い ^皿^

     やっぱ、柄にもないことしようとすると、ダメっスね~w

     オモロすぎて、ショック全くなし^^

     なんか、めっちゃウケました♪




    スポンサーサイト

    なんと・・・ 

     びっくり平城京。

     円安論者のFマキ氏。なんと参議院議員に当選しておられます。。。

     Fマキ氏については、過去2回ほどブログに書いたことがあるけど、彼の主張は一貫して

     ・財政破綻
     ・ハイパーインフレ

    だ。

     「日本大沈没」なんて本を書く彼が、議員になって何をする? 

     まさか日本潰す気か??


     いや、救う気でおられますよね? 頑張れFマキ議員!!

     でも・・・円ショートしてみよっかなww


     それにしても、とある政党・・・元為替ディーラーの2人が国会議員とは。。。

     これってFX業界にとって、プラスになってるんスかね?

     

    イノベーション 

     最近読んだ本。




     よかったです。

     途中、オモロないところ(ジョブズにカンケーないところ)は飛ばしたけどw

     おしまい。



    続きを読む

    長期展望 EURGBP  

     見通し:ニュートラル(前回より変更なし)

     現状ではいろんなインジがニュートラルを示唆し、手出し無用。当面様子見。


     ・・・それにしても、長期では面白みに欠ける通貨ペアなので、ブログに載せる対象通貨をヘンコウしようかなぁ・・・。やっぱヘンコ通貨がいいっすか?


    【過去の見通し】

    (2012/10/21)
     大陸間通貨なので基本的にはレンジ通貨と見做してよいのだが、ユーロポンドは取引量も多く短期的にはトレンドを形成する。直近では2008年の天底で形成されたシンメトリカルトライアングル下放れ後、下降トレンド形成中。短期的にはフラッグを形成し上昇過程にあるが波動的には下の流れにあり、0.81後半のレジスタンスが控える。短期的には上抜ける可能性も否定できないが、下降の流れを維持する可能性が高いか。なお売りポイントはフラッグのサポートレベル。

    (2012/10/29)
     先日書いたユーロドルとケーブルの展望を勘案し以下の如く加筆修正。ケーブルが先にベアになるとみており、その意味でユーロポンドは上昇過程がある模様。現状のチャネルを上放れするなら綺麗でよいが、そんなことはどうでもよい。その後ユーロドルの頭打ちによりユーロポンドも頭打ちか。


    (2013/1 頃)

     ・・・・・書き忘れww


    (2013/4/7)
     月足では切り下がりの様相ではあるものの、他のインジがニュートラルを示す。短期的にもニュートラルに転換したため、当面様子見。よってこの記事は後日書き直すか、また3か月後にでもw


    長期展望 AUDUSD  

     見通し:ベア(前回より変更)

     ポイントであった0.9380を下抜け、下降トレンドへの移行を示唆。1.0250レベルを回復しない限り、上昇トレンドには転換しない。

     ただし、この通貨にしては珍しい現象が起こっている。IMMでは2か月連続で売り越しを記録し、現在売り越しは約7万枚。リーマンショック時でも売り越しは約2万枚程度だったので、ショートスクイズにはを注意を要する。なお、リーマンのときはポジションクローズが主であったが、現在はショートメイクが主。それでも戻りの目途は0.97-0.98程度か。下降トレンドといっても今後はジグザグを想定。


    【過去の見通し】

    (2012/10/14)
     長期的視点からは現状、オージードルはブルトレンドであるが、短期的にはトライアングルを形成中。前掲ドルインデックスの動きに加え、エリオットのいうオルタネーションの動きがみられ、いずれはトライアングルを上放れし最後のオージー高を展開すると見る。ただエリオット的には3波のトップが1.1080レベルだから、5波の失敗も頭の片隅に入れておくべきかも。

     この通貨もユーロやポンドと同じく、いずれはサポートを切ってベアトレンドを形成する見込みだが、流通量の少ないマイナー通貨ならではの動き、即ちナイアガラが期待できるので、サポートの確認は常に行うべき。最大のチャンスはサポートブレイク突っ込み売り。


    (2013/1/11)
     変更なし。

     興味ないだろうが加筆すれば、AUDUSDはエリオット波動理論に照らし合わせれば教科書的な動きをしている。ドルインデックスをも勘案すれば、現在の4波から今年中に5波に移行する蓋然性が高い。但し、前述の如く5波の失敗は常に頭の片隅に入れておくべき。5波の失敗は換言すればヘッド&ショルダーの形成に繋がる。


    (2013/4/7)
     見通し 変更なし。

     過去の見方の通り、オージードルがエリオット波動理論通りとすれば現在第4波。ちゃんとオルタネーションになっていて綺麗すぎてこわいほど。とすると、現在のトライアングルは上放れするはずであるが、思い込みは禁物。この通貨は急落の危険性があるが、長期ベアトレンドに転換するには0.9380割れを待たなければならない。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。