プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    水曜日以降の戦略 

     ロンドンタイムでのクロス円の逆張りに運良く成功したので、ロンドンタイムでさっさと利食いしました。いままで逆張りしたとき、ニューヨークタイムまで持っているとうまくいかないことがよくありましたので、逆張り戦略と認識しているときはさっさと止めるようにしています。

     さてニューヨークタイムに入って、ユーロドルは1.393付近で頭打ち、ドル円及びクロス円は東京タイムでの下値を探る展開となっています。

     ユーロドルはやはり1.374付近が一度サポートになりましたね。私のイメージとしては一度上値を確認したあと、再度1.374をトライすると見ています(下抜けるかどうかは判りませんが)。1.39台で一度売ってみたいと思います。

     ドル円とクロス円は2番底になればもう一度逆張りでやってみます。東京安値を更新したら様子見とし、チャネル下限での買いを検討しますが、いまのところ売る気はありません。

     ケーブル、オージードルはやや難解なのでしばらく様子見しますが、ユーロドルが1.374付近を明確に割れば連れて下ると思います。

     ユーロポンドはやはりだらだら下っていますね。一度は戻るチャンスがあると思いあますので、どこかで売りたいです。

     ユーロ安バイアス対する懸念材料としては、ユーロスイスが1.50付近でもみ合っているということ。1.50はスイス国立銀行(スイスの中央銀行)が何度かスイス売り介入を行ったポイントだったはず。よってユーロドルが下るには、ドルスイスが上らないとユーロスイスの買い介入になるわけで、ユーロドルの更なる下落には、ドル全面高の展開が必要となりそうです。

    よろしければクリックお願いします。

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://readeal1.blog54.fc2.com/tb.php/14-1137113a

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。