プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今週は、FOMCのほか過去最大規模の米国債入札あり 

     今週はFOMCのほか過去最大規模の米国債入札があるようです。ビッグプレーヤーの思惑にはめられず、逆に乗っかりたいですね。今週もチャート分析からの取引が無難そうです。海外勢は7/4のアメリカ独立記念日を境に長期休暇をとりますから、今週はがんばり時になりそうです。

     先週金曜日に発表されたCME通貨先物では、円が売り越し増加、ポンドは売り越し減少となりました。もう少し円ショートが溜まると、ドル円は下に行きそうですね(いまのところ素直に下りそうにない気がしますが)。
     
               6/16     6/9
       ポンド   △8474   △15333 
       円     △8563    △2299 
       ユーロ   12485     15024

     今のところ、トレンドが出ているのは、ユーロポンド、ユーロオージー(どちらも下落トレンド)。またスイス国立銀行がユーロスイスの買いを1.50台で行っているので、この3通貨がなんとなく面白そうですね。

     以下、今週(6/22-26)のメインシナリオです。現在ポジションはありません。

    ユーロドル
     6/3高値からのレジスタンスラインが上抜けられない。メインは1.4020までは戻り売り、または1.3870割れで追随売り(こちらはリスクやや高いかも)。1.4020を完全に抜ければ買い、1.4170までの1.41台で一旦利食い、1.4177抜けで1.4338を目指す。

    ドル円
     三角持合いになっている。確率からはレンジブレイクが無難。明日なら、98.30抜けで買い、または95.50割れで売り。日々狭まっていくので、毎日ポイントを確認する必要あり。

    ケーブル
     6/3高値からのレジスタンスラインに止められた格好になっている。レンジに入った気がする。特にやる必要は無いが、もしやるなら1.6580までは戻り売りで待機、1.6580を抜けても買わず、6/3高値1.6661を抜けてから買うほうがリスク小。下は1.6150付近か。

    ユーロ円
     やや買いに分がありそうだが、チャネル下限の131.50付近までは買う気はない。その他クロス円はほぼ同じ考え。

    ユーロポンド
     下降トレンド。先週はうまく波に乗れなかったので、どこかで乗りたい。ひとつ0.8602というポイントが出来た。ここを超えるまでは戻り売りが基本だが、何故か0.86後半まで戻る気がしてならない。先週もそれで失敗しましたが・・・。

     長くなるので、その他の通貨は簡略に。ユーロオージーは下落トレンドなのでできれば1.75台で戻り売り、ユーロスイスは介入ラインの1.50前半で買い、オージードルは0.78台後半に注目、ドルスイスは1.0985に注目など。

    よろしければクリックお願いします。


    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://readeal1.blog54.fc2.com/tb.php/18-be50929a

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。