プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    豪ドル円のレジスタンスとサポート 

     以前、何かの本で80:20の法則(だったかな?)を読んだことがあります。

     80:20の法則といえば、一般的にはパレートの法則だと思いますが、今日書きたいのはパレートの法則とは別の法則です。まあ某著者の経験則なのだと思います。

     確か、レジスタンスやサポートが76.80とか94.20とか、##.80や##.20付近に発生しやすいというものです。損切りラインを決定するときに多少この経験則も考慮してきたのですが、どうも上手くいかないのでちょっと調べてみました。

     通貨は刻み売買対象の豪ドル円を選びました。
     期間は2005.04-2010.12ですが、全期間のほか、円キャリートレード末期、リーマンショック時、最近の回復期にも分けてみました。

     そして分析方法ですが、
    ・まず、各1日の高値と安値のうち、小数点以下のみを抽出します(80.45なら0.45というように)。
    ・そして0.1刻みでデータを振り分けます(0.45なら0.5の区間に、0.73なら0.8の区間に、というように)。
    ・最後に各区間の割合と順位をつけます。

     以下の表が得られました。黄色は上位2位、青色は下位2位を表しています。見にくいですが・・・。

    resistance&support

     分かったことは、多少の傾向はあるものの法則と言える様な結果ではありませんでした。もしかしたら他通貨ならそんな傾向がでるのかもしれませんが、少なくとも豪ドル円ではそんな感じはないようです。とはいえ、レジスタンスは##.21-##.49、サポートは##.41-49や##.71-79あたりに多少ですが出易いことも分かりました。信頼性は相当低いですが・・・。

     あと、あくまでも日足での話なので、トレンドは全く考慮されていません。おそらく相当欠点のような気がします。今度時間があったらトレンドをある程度考慮したもので再検討したいと思います。あ、いま思えば週足のほうが良かったのかも??

    コメント

    こんばんは♪

    意外に30とか20は、
    折り返し地点で注目してます

    帰りたいよ~
    息抜きしにきました

    くるりさん、お疲れさまです

    ようこそおいで下さいました(^^)
    息抜きできそうなこと、あまり書いてないけど^^;

    最近ずっと仕事がハードそうなので心配ですが、
    次のボーナスもUPするといいですね!
    でもストレス解消(?)のチョコ代も増えそう^^;

    今回の2つ豪ドル分析は、
    刻みをなるべく約定させたいとの希望、もとい欲からです。
    結論は分からん・・・ですけど(>_<)

    す、すごいっ。
    readealさんは、分析とかお得意なのでしょうか・・・

    うまく、約定に活かせるといいですよね♪

    ひまママさん、こんばんは

    分析するのは好きな方ですが、
    考え方が合っているかは全く自信ありません。
    約定に活かしたいのですが、余計な悩みが増えてしまいました・・・。

    分析は、テクニカル分析が一番しっかりしていたらいいんですけどねぇ(^^;)

    喉痛い(>_<)
    今晩はぐっすり寝ます

    ふうさん、こんにちは

    ふうさんは休養が足りないので、
    今夜はしっかり休んで下さい!

    元気になったら税金対策もお忘れなく!

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。