プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    短観 異例の再集計 

     いつも通りに4/1に発表された日銀短観ですが、日銀はこの度の大震災に伴い、極めて異例な再集計作業を行いました。回答を地震日である3/11の前後に分けて集計するというもので、4/4に参考資料として公表されています。やはり地震後の回答では先行きは悪くなっています。↓はそのリンクです(日銀に行きます)。
     http://www.boj.or.jp/statistics/tk/ref/2010/tkref1103eq.pdf

     ただし読むには注意も必要です。以下は日銀による注意点です。

     日本銀行では、「2011年3月短観」について、回答期間を2月24日から3月31日、回収基準日を3月11日に設定して調査を開始しました。こうした中、東北地方太平洋沖地震が3月11日に発生し、地震発生の前と後では、調査対象企業の回答時の状況が大きく異なることとなりました。そこで、今回は異例の措置として、業況判断DIの参考計数として、①調査開始日2月24日から3月11日までの回収分(「地震前」と表記)と、②月12日から調査期間最終日3月31日までの回収分(「地震後」と表記)に分けて再集計し、その結果を公表することと致します。

     「地震後」の回答企業数が少ないこともあって、「地震前」と「地震後」のDI水準同士を比較するのは適切でない可能性があります。一方、「地震前」の最近から先行きへの変化幅と、「地震後」の最近から先行きへの変化幅は、比較可能性がより高いと考えられます。



     今回の調査票は回収基準日である3/11までに約75%の回答が集まっており、地震後の回答は少なく単純に比較しにくいことや、また3/11後といっても事前に調査票に記入している可能性もあります。そして地震後のパニックで先行きを見通せる段階にもなかったと思います。

     私の仕事でも日銀短観などを使って市況をウォッチしたりしますが今回ほど当てにならないので、自分の足で調査して市況を慎重に見極めることになりそうです。やはり悲観的なのかなぁ・・・。西日本こそ元気を出さないといけないのですが!!

     ところで昨日、中国が半年で4回目となる利上げを行いましたが、マーケットはあまり反応していないみたいですね。豪ドル円88円・・・orz

    コメント

    >仕事でも日銀短観などを使って市況をウォッチ
    難しいお仕事されていらっしゃるんですね。。。
    readealさんは頭良さそうですよね。


    saru999さんへ

    たまにレポートを書くことがありまして、
    その裏付けに短観とか月例経済報告などを流用しますが、
    なんとなくかっこつけているだけで
    はっきり言って意味分かっていません(ーー;)

    頭、よかったらいいのになぁと常々思います(ーー;)
    saruさんのような学習能力や実行力が羨ましいです(^^)



    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。