プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    欧州の動向(4) ECBの予想レート 

     今回はやや趣向を変えて、ECBによる為替予想でも取り上げてみる。

     ECBは今年3月の決定会合で以下の通り為替予想を発表。その部分の抜粋。

     Bilateral exchange rates are assumed to remain unchanged over the projection horizon at the average levels prevailing in the two-week period ending on the cut-off date of 14 February 2013.
     This implies an average exchange rate of USD per EUR of 1.35 for 2013 and 2014, which is up from USD 1.29 in 2012.
     The effective exchange rate of the euro is assumed to increase by 4.2% in 2013 and by 0.1% in 2014.

     訳は・・・勝手にご自身でお訳し下さい。

     まあ簡単に言ってあげると、2013年と2014年はユーロドルは1.35なんだってさ。

     ちなみに去年の予想はどうだったかというと、2013年の予想レートを2012年3月時点には1.32、同年6月には1.30、同年9月にはなんと1.23と発表している。同年12月は公表なし。そして2013年3月には突然1.35。一貫性は全くございません。

     ECBは大嫌いなジョージ・ソロスやジム・ロジャーズでも雇うといい。まあトレンドは当ててもレートは当たらんやろうけど。

     

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。