プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    欧州の動向(7) マイナス金利を考察する 

     先週、ネタ切れで皆様を大変ガッカリさせた待望の大人気シリーズ 「欧州の動向」 が1週間で復活することができました。これもマリオのおかげです。

     復活を記念いたしまして、本来なら2・3回に記事を分割するところを1回で更新致します^^


     今月のECB定例会見でマリオがマイナス金利適用の可能性について言及し、ユーロは急落。

     マリオの発言は二転三転するので、トリシェ爺さんとは異なり振り回されることも多いが、FX的にはおいしい総裁なのかもしれない。

     マリオの発言を振り返ってみよう。

     2012年12月「マイナス金利導入は、技術的に可能。」
     2013年 3月「マイナス金利導入は、あまり乗り気ではない。」
     2013年 5月「マイナス金利導入は、技術的には用意ができている。」

     もしかしたらマリオは、同じスタンスなのかもしれないが、マーケットは深読みして敏感に反応する。

     そもそもマイナス金利とは何か? 当たり前だが、お金を預けて金利を支払うこと。


     FXをやっている方ならご存知だろうが、実際にマイナス金利を実施した国がある。2009年7月のスウェーデン、そして2012年7月のデンマークだ。

     ただ単にマイナス金利といっても、何がマイナス金利の対象となったのかを理解していないと意味がない。

     中央銀行は金融調節で金利操作を行うが、代表的なものとして以下の3つがある。

     ①公開市場操作
     ②貸出および預金ファシリティ
     ③準備預金制度

     ①は中銀が国債や手形などを買ったり売ったりして(買いオペとか売りオペとか)、市場へ資金を供給または吸収して、金利操作を行う。

     ②は中銀が民間銀行に貸したり預かったりするときの金利で、これを操作する。なお預金ファシリティは日本や米国ではやっていないが、欧州圏は実施しているところが多い。

     ③は銀行業やりたきゃ中銀に一定額お金を預けろ!って制度で、ここの金利を操作する。


     ちなみにECBは5月に以下の通り金利を変更している。

     政策金利:0.25%利下げして、0.75%から0.50%へ。
     上限金利の限界貸出金利:0.50%利下げして、1.50%から1.00%へ。
     下限金利の中銀デポジット金利:0%据え置きのまま。

     ECBはコリドーと呼ばれる限界貸出金利とデポジット金利との差(上・下限金利の差)を、ずっと150bpsで維持してきたが、今回このコリドーを100bpsに縮小。これによって預金ファシリティ金利およびデポジット金利がマイナス金利になるのを防いだ。

     もう少し説明しておくと、政策金利が0.75%のとき、限界貸出ファシリティ金利を+0.75%の1.50%、預金ファシリティ金利を△0.75%の0%とすることで、コリドー幅150bpsを保っていたということ。政策金利が0.50%でコリドーが150bpsのままだと、預金ファシリティ金利やデポジット金利は△0.25%となる。わかりますかね?


     話は戻って、スウェーデンの場合は、政策金利を0.25%へ利下げしたとき、コリドーを100bpsから変更しなかったため、預金ファシリティ金利が自動的に△0.25%となっちゃったもの。

     実際、スウェーデン中銀の総裁や幹部たちは、「自分たちはマイナス金利を導入したわけではない」と一生懸命説明していたのを思い出す。

     実際のところ、預金ファシリティ金利がマイナスになった後でも、市場で取引されていたレポ金利はプラスで推移しており、マイナス金利が暗に意図するスウェーデンの民間銀行の貸し出し実績などが増えた形跡は見当たらない。


     一方、デンマークは話がややこしくなるが、デンマークの通貨であるデンマーククローネはユーロとペッグしているため、ECBの利下げによりユーロ安となると、デンマーククローネも連れ安にするには、デンマークも利下げを行うしかない。

     デンマークには貸出ファシリティがないことも話をややこしくさせるが、ここでは割愛して、デンマーク中銀は当時、ECBが0.25%の利下げを行った際、政策金利の一部である譲渡性預金(CD)金利を0.05%から△0.20%に引き下げた。これはユーロペッグのための苦渋の決断である。


     さて、ECBはどこにマイナス金利を適用するのか? 考えられるのは2つ。

    (1)預金ファシリティ金利に適用する
    (2)預金ファシリティ金利に適用すると共に、預金ファシリティ金利とその他の預金金利を連動させるなど、準備預金制度の枠組み自体を変更する

     ちなみに市場のコンセンサスは(1)となっている。

     (1)だった場合、スウェーデンと同じ道を歩むと推察する。すなわち、民間銀行の余剰資金はマイナス金利の預金ファシリティには向かわず、利率が0%と設定してある別の準備預金制度の口座へ向かうと思われ、結果としてECBのマイナス金利政策は、民間銀行に対して影響が出ないことになる。


     問題なのは(2)の場合。この場合、ECBが提供する預金口座全てに対しマイナス金利が適用されてしまうため、市中銀行に余剰資金が生じた場合、その資金を保有するコストが発生することになる。その結果、市場金利もマイナス化する可能性が高まってしまう。

     そして、ユーロは各国の集合体ということが、さらに話をややこしくさせる。長くなったので今回は割愛する。まあ、ここまで読んだ人がいるとも思えないが。

     (2)の場合、ユーロとペッグしたスイスフランがどうなるのかが面白そう。デンマークなんかとは比ではない。これ以上語ると私の思惑がバレるから、この辺でやめておこう。


     まあ、マリオがこれだけ必死なのも、欧州の先行き景況感に改善の兆しが全く見えず、八方塞がりなんだろうなってことです。自分のユーロシナリオに変更なしです。



    コメント

    ブログ訪問者ゼロへの取り組みが加速してきましたね^^

    ところで、記事のようなことを知っているかいないかで
    FXの成績に差が出るものなので小蚊?

    Perakipohさんへ

    訪問ゼロ・コメントゼロキャンペーン記事に
    お越しいただき誠にありがとうございます^^

    こんなのFXでは全く不要でしょうね
    それどころか逆に負けますよ^m^
    こんなバカ記事ばかり書いてあるFXブログを見たら、
    自分ならその人は負け組とみなしますw

    ただ自分の場合は、投資対象をFXからCFDへ移行しつつありまして
    DAXや英FTSEなどで取引するためにまとめています
    自分のための記事なので、訪問者なしでOK牧場death^^

    あれれ・・・?

    ランキングが1つ増えた~?

    ひまママさんへ

    そんなとこ、よ~見てるっスな~(^^;
    ずっと3つやったはずなんスけど、前記事でのコメのやり取りの際に、
    ランキングが1つ無くなっていることに気が付きましたw
    いつからだったんだろう??
    興味、ま~ったくなかったので(^^;

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。