プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    長期展望 USDJPY  

     見通し:ブル(前回より変更なし)

     現在、急上昇のあとの調整過程入りしている。暫く92-103内のレンジでジグザグに推移してくれれば、トライアングルが形成され、その後ブレイクがきれい。

     サイクル的に見て7・8月が調整の動きであってくれたならば、その後の展開は読みやすくなる。しかし、ドルインデックの通りの進行(ドル高円安)の流れも否定できず、注意を要す。


    【過去の見通し】

    (2012/10/21)
     2007年高値124.10-20よりスタートした下降トレンドは終息したとは言えないが、中・短期的にはウェッジを上抜け。しかし上昇力はなくシンメトリカルトライアングルを形成。下値保ち合いの段階でシンメトリカルトライアングルと見るのもどうかとも思うが、ソーサーボトム等と見做すのは現段階では危険。どちらかに放たれるまでは様子見でよい。なので、この通貨の展望はまた後日。


    (2013/1/11)
     変更。

     ウェッジを上抜けたあとトライアングルを形成していたが、これも上放れ。よってブルトレンドに転換と見做す。buy on dip が基本となるが、テクニカル的には83円台より下は見込みにくい。根拠はナイショw


    (2013/4/7)
     見通し 変更なし。

     長期的には上昇トレンドとしての見方に変更はないが、短期的には調整余地を残す。但し、値頃ショートは難しく、 buy on dip が基本となる。

     ドル円はいつの日か3桁を回復する。相場格言にもあるが「国策に売りなし」だ。そうでないと黒田日銀はもちろん、アベノミクスは大失政ということになり、日本は更に失われた何十年かを経験することになってしまう。。。


    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。