プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    長期展望 USDJPY 

     ドル円は長期、中期ともにブルトレンドで疑いの余地はないが、短期的にはトレンドレスを示しており、またオシレーター系がダイバージェンスとなっていることから、今後調整が入る可能性あり。ただ、転換サインとは見做さず、あくまでも調整の範囲と考察。102.84をブレイクすれば200日線あたりの100アラウンドを目指すことになるが、ショートメイクで追随しつつも、悲観的なマーケットの中でいつかは押し目を拾いたいところ。


    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。