プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    中長期展望 

    (EURUSD)
     2008年7月を起点としたレジスタンスラインを先月ブレイクするも上昇力は弱い。中期的には堅調に推移しているが、短期的には常に調整入りする可能性を有し、基本的にはbuy on dip。但し長期的には下降ウェッジとも読み取れるため、常に下ブレイクアウトは意識。

    (GBPUSD)
     2009年8月を起点としたレジスタンスラインをブレイク後、堅調に推移。中期的には強気を維持。こちらも短期的には常に調整入りする可能性を有するが、現在90日線に支えられており、中長期的な展開としては1.70を目指す動き。

    (USDJPY)
     1998年8月を起点としたレジスタンスラインに接近中。現在105ミドル付近に位置。長期的には上昇傾向となっているが、中期的には下降ウェッジを形成していることから、調整入りに注意を要す。サポートラインのブレイクの有無に注目。直近安値100.95、200日線100.85、サポート101.30-40。

     その他注目はEURGBP、EURJPY、GBPJPY、^DJI。でも書くの疲れたので省略w


    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。