プライベートクラウド

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    7月も最終週です。 

     7月も残すところ1週間となりました。関東、沖縄を除いては梅雨明けしていないと思いますが、今週も梅雨明けしないのでしょうか?為替ぐらいはスカッと晴天でわかりやすくお願いしたいです(^^)

     くりっく365の建玉比率をみると、ドル円、ユーロ円が僅かですが売り越しに転換しました。ポンド円はイーブン、オージー円はレートは上昇しているのに、買い比率がどんどん下っています。私がくりっく365の建玉比率をよく観察するのは、対円に限ってですがレートと売買比率が概ね逆相関の傾向にあるからです。今回はどれも均衡しているので、必ずしも参考にはなりませんが。

     また、CFTCをみれば、これは7/21のデータですが、円は買い増しされて約36,000枚の買い越し、ユーロは買玉が急に増えて約35,000枚の買い越し、オージーはなんと買玉が5万枚を超え、約39,000枚の買い越し、ポンドはずっと売られていたのですが、またイーブンに近づいてきました。

     以上を参考にしつつ、今週は以下をメインシナリオとしました。長文ですみません。

    ユーロドル:1.4300のオプションバリアが押し戻しているといわれています。1.4300を抜けても、1.4350にもポイントがあり、リスクを抑えるなら1.4350までは様子見でしょうが、リスクをとるなら1.41台で押し目買い。ただ1.43にあと2回失敗したら調整が入りそう。1.4070付近の以前のレジスタンスラインより下に戻るなら、上昇はダマシとも取れるので注意。チャートでは上下どちらにも考えられるので、難しくなってきました。

    ドル円:先週は95円に乗せましたが200日線で押し戻されました。200日線の攻防に注目しますが、勝敗が決してからポジションを取ろうと思います。200日線を上抜け、95.50にあるオプションもクリアすると、6/5みたいな上昇が見られるかもしれません。しかし、このところ200日線より上に位置するのは、短命に終わっています。ドル円の大きな流れは下落トレンドだし、200日線を越えても実需の売りや、やれやれの売りなどが出てきそう。となると、97円付近のレジスタンスラインあたりはショートメイクの場でしょうか?なお、CFTCでは円買いが結構溜まってきているので、95.50を越えないならば、下値は93円程度と見ています。

    ケーブル:先週も私の期待を裏切ってくれました。当面1.60-1.67のレンジでしょうか?これをやるぐらいならポンド円のほうが良さそうですね。

    クロス円:ドル円の動きで決まりそう。ドル円が上昇するなら、最初のターゲットはユーロ円は136円後半、ポンド円は160円台、オージー円は78台前半。逆にドル円が下落したら、93円台あたりでクロス円も止まるのでは?7/30、31の投信設定前に思惑で上昇する可能性も捨てきれないです。7月はボーナスシーズンでしたし・・・。

    オージードル:0.81を割るとロングは一旦様子見がよさそうですが、チャート的には上昇バイアスがかかっているので、それを信じるしかない。押し目買い。

    ドルスイス:ドルインデックスと似た動きをするので、ドルの将来はドルスイスにかかっていると思っています。SNBが介入に失敗したら、一気にドル安が進みそう。1.06台のSNBとの攻防に注目(まあSNBはユーロスイス主体かもしれませんが)。

    ドルカナダ:全く出遅れました(もっとも苦手通貨ですが)。5日平均線より下で推移しているので、下落トレンドが強い。1.0785にチャートポイントあり。カナダ買いにまだ過熱感はなさそうなので、下攻めのイメージ。やるなら戻り売りを待ちます。

    よろしければクリックお願いします。
    にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://readeal1.blog54.fc2.com/tb.php/67-ca63e319

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。